人間の自然の一部ということをお忘れなく

スキンケアってやり過ぎると逆効果なんですよ。

くれぐれも情報に踊らされないようにしてくださいね。美容情報ってどこかが儲かるようになっているので、情報に振り回されず試してみたいことがあったらお金を使わず出来るかどうかよくよく考えて。お金がかかる方法でも安く済むことから順々にはじめましょうね。

くれぐれも化粧品会社のお財布にならないようにスキンケアには慎重になってください。

高級なスキンケア商品を使うより生活を規則正しくしたほうが肌がきれいになると言ったら嘘だと思いますか?

ビタミンサプリメントを毎日摂取するより1時間長く眠るほうが肌がきれいになると言ったら嘘だと思いますか?こういう情報を嘘だと思うならそれも良いでしょう・・・。

でもやってみると分かりますよ、肌の違いが分かります。

洗顔は泡洗顔くらいでOK。どろあわわ(http://www.thebeeinc.com/)とかがいいんじゃないですかね。

高級なスキンケア商品を一時的にやめてみてその代わり規則正しい生活をしてみる。ビタミンサプリメントを一旦中止して睡眠時間を1時間延ばす生活を送ってみる。それを1週間限定でもやってみて効果が見られなかったら元の生活に戻せば良いのです。

人間だって自然の一部ということをくれぐれもお忘れなく。この地球上に生きている以上他の生き物と同じく自然の一部なんです。どうすれば良い状態になるか、何をしたら体が弱くなるか肌に悪いかを本能で分かっているはず。人工的なモノに振り回されず自分を取り戻すことで長い目で見てきれいな肌を手に入れることが出来るはずです。

大豆ダイエットとナイトブラ

ダイエットをしてなぜかバストアップしました。アンダーは小さくなりましたが、カップ数が2つ上がりました。

たまたまかもしれませんが、バストアップのサプリメントのリゾレーヌゼリーを飲みながら大豆ダイエットをしていた時期でした。

途中でリゾレーヌゼリーは解約したけど、以下の方法を取っていました。

方法は朝は必ず味噌汁を飲むこと、1日1回は豆乳を飲むこと、1日10,000歩歩くことを決めてダイエットをしていました。

そうしてダイエットを続けて半年で8キロ痩せ、ブラジャーが合わなくなって下着店に行くとBカップからDカップになりました。

やせることもできたし、バストアップもして本当にうれしいです!

この2つがバストアップに効果があるのかわかりませんが、わたしにはとても効果があったと思っています。

大豆はバストアップに効果があるというのは本当なんじゃないかと思っています。

もうひとつバストについて対策しています。バストアップを維持することです。

ピーチジョンのナイトブラを使って、寝ている間のバストの横流れや広がりを抑えて、バストの維持と美乳を目指しています。

寝ている時間はとても長いのに何も対策をしないのは問題があるんじゃないかと思って使用し始めました。

使用して半年になりますが、キュッと上がった感じがするのでバストが上がったような気がしています。

バストの位置をしっかりキープすることで元の大きさが変わったというよりも補正してくれている感覚です。

着けけ心地はしっかりしているのに睡眠を妨害しない快適なブラです。

うるおいを逃さないスキンケア方法

今までのスキンケア

いままで、私は特にスキンケアについては気にせず、化粧水のブランドや付け方、タイミングなど全く関心がない女子でした。

一貫して小林製薬のヒフミドを使っていました。

しかし、そんな状態でもお肌の状態が保たれていたのは10代まで、、、20代に入った私の肌は少しずつ乾燥が酷くなり、頬や鼻周りなど、毛穴が広がり始めたのです。

元々いちご鼻で目立つ毛穴だった私は、より気になってしまい押し出したり毛抜きで抜いたりなど、様々のことを試しました。しかしそれは一時しか持たずすぐ毛穴が元の状態に戻ってしまうのです。

流石にこれはスキンケアをしっかりとして綺麗な肌を手に入れようと思った私はネットなどを調べ尽くし、様々な方法を試しました。

しかしどの方法も少しは改善されるものの、なかなか長くは続かず、結局乾燥肌はなくならず、いちご鼻もそのままでした、、、。

自分で考えたスキンケア!

いろいろな人が、様々なスキンケアや、おすすめの化粧品をブログや口コミなどで紹介しています。ただ、これらはたまたまその人に合った商品だった、合った方法だっただけ。

結局は自分で、自分にあったスキンケア商品、ケア方法を見つけなければ改善にはつながらないと思いました。

そこで私は、今までやってきたケアの中で比較的効果のでた方法をいろいろ工夫して行ってみました。

私の、自分にあった方法はこちら!

  1. 普段よりもすこし暖かめの43度?45度のお風呂を沸かす。
  2. オリーブオイル(安いので可)とタオル(柔らかめおすすめ)を持ってお風呂に浸かる。
  3. 5分くらいの半身浴で毛穴が全体的に開いてくるかと思います。(個人差あり)
  4. 毛穴が広がったら毛穴の気になる部分へオリーブオイルを塗っていく。
  5. 5分ほど放置したらぬるま湯につけたタオルで拭き、オイルをある程度落とす。(洗濯すればオイルは綺麗に落ちます。)
  6. その後の洗顔などは普段通りでOK!強く擦りすぎなければ!
  7. お風呂から上がる際は、バスタオルで顔を拭く前に化粧水を!拭くだけで潤いはなくなるし、上がってから時間を開けて塗るのはもっとNG!

こんな感じで週2~3回ケアを行っていました。すると、いちご鼻は格段によくなって、お肌の乾燥も全くなくなりました。

行うケアは本当に人それぞれ。100人100通りあると思っています。

ぜひ、皆さんも自分にあったケア方法を探してみてくださいね。

バストアップに大切なこと

バストアップするために大切なこと。まずは日々の食事です。
バストアップに良い食材は鶏肉らしいと聞きました。私も毎日鶏肉をよく食べるようにしています。

食事をした後は少しでも大きくするためにサプリメントも食べます。食後のデザート代わりにゼリータイプのリゾレーヌゼリー(http://www.medialiteracyfair.org/)を食べます。5つの味で食べ飽きることもなく続けられますよ。

次に継続的にストレッチをするようにしています。
お祈りのように体の前で手を合わせて、両側から力を入れるストレッチが効くらしいと聞いて、毎日試しています。

バストアップのためにはブラ選びも重要です。

自分の体型に会ったブラをつけることが大切です。
サイズも適当なものを選んでしまっては意味がないので、きちんとお店で店員さんにサイズを計測してもらい、自分のサイズを知ることが大切です。

特に産後、授乳後に気になってしまうのは、バストが垂れてきてしまうことです。
授乳経験がある人こそ、バストアップへの努力が大切です。

特に、授乳中は楽だからといってカップ付きインナーを選びがちですが、授乳が終わったらカップ付きインナーは卒業する必要があります。
カップ付きインナーは体にとってはとても楽だけれど、実はバストアップには大敵なのです。

バストアップのためには日々の努力が必要です。
しかし、日々努力することは、モチベーションを保つことが大変で、すぐにさぼりたくなってしまいます。

けれど、バストアップした姿を想像して日々の努力を続けることが、バストアップへの王道であり近道なのです。

アラフォーで乾燥肌になった私のスキンケア方法

【10代、20代の頃は、肌トラブルとは無縁!】

若いころは「もっと目鼻立ちがはっきりしていたらいいのにな」と思うことはありましたが、「もっときれいな肌になりたいな」と思ったことはありませんでした。幸いなことに、10代、20代の頃には肌トラブルはほとんどなく、友だちからも「肌がきれいでいいね~」とうらやましがられていました。

【アラフォーを迎えて変わってきた肌質】

そんな私が肌質で悩み始めたのは30代半ばころからです。

冬の乾燥の季節、子どもと一緒に外遊びを楽しんでから帰宅すると、頬や口元の皮膚がつっぱっているように感じることがありました。初めは気にしていなかったのですが、ふと鏡を見ていると、目じりや口元に細かい小じわができています。

取りあえず大急ぎで化粧水・乳液をつけて、その場はなんとか肌の乾燥も落ち着きましたが、その後、肌の乾燥や小じわが気になることが増えてきました。

【乾燥肌には敏感肌用のスキンケア用品でケア】

肌が乾燥しやすくなって肌バリア機能が弱くなったのか、それまでの値段の安い化粧水や乳液では肌がピリピリすることが増えてきました。値段の高いエイジングケア用の化粧品も試してみましたが、もったいない気がして少量ずつしか使わず、肌の乾燥はなかなか改善されませんでした。

そんな時に見つけたのが敏感肌用のスキンケア用品です。特にセラミドを作り出す水分保持能で医薬部外品として認められた米肌はおすすめ。ライスパワーNo.11を配合してお肌の保湿をしっかりしてくれます。肌につけても刺激を感じず、値段もお手頃なので、量も気にせず使えます。

年齢とともに小じわは確実に増えてきてはいますが、化粧水や乳液による肌トラブルはなくなり、肌の乾燥も落ち着いてきたように思います。食事や運動などを見直し、身体の中からキレイな肌を目指すことは必要だと思いますが、肌の外からのケアとしては、これからも敏感肌用のスキンケア用品を頼っていきたいと思っています。