日々の努力を怠らず若々しい肌に戻す為には

20代の頃は疲れた日に1日のお手入れを簡単に済ませても、肌の衰えをそれ程感じる事はありませんでした。

歳を重ねるにつれて、ハリや艶が減少しメイクをするにも納得いく様に出来なくてお肌悩みは日々増えていきます。

30代になってからはスキンケアも一変して年齢に見あったものを一から見直し、更により丁寧にケアをする様になりました。

特に洗顔後は毛穴を引き締める収斂ローションで頬や鼻周りをしっかり整え、導入液をつけたら化粧水でのパッティングをする様になりました。

これが一番効果が現れ、メイクをした時のノリや肌に触れた時の感触が違っていました。

そして以前は手でスキンケアを顔に塗っていましたが、手に出した瞬間に手に吸収されてしまうのでコットンを必ず使用して肌によく入っていく様に心がける様になったのです。

更にスキンケア全体をよく肌に閉じ込め潤いを保つ様にパックをします。

乾燥肌もあって水分がすぐになくなってしまうのでパックはとても必要なんだと改めて思いました。

アンチエイジングなどまだ早いかも、まだしなくても良いかなと思っていても目元や口元からどんどんと目に見えて肌が変わってきてしまうのでどんなに時間がなくても行っています。あわせて読むとおすすめなサイト⇒ふんわりルームブラの口コミと効果

どこまで出来る?シミ取りクリーム

突然ですが、シミ取りクリームをお使いになったことはありますか?

私は30代も半ばを過ぎてから、一気にシミが出始めて、鏡を見るのが恐ろしくなり慌てて使い始めました。

最初はドラッグストアなどで簡単に手に入る有名なものを使い続けましたが、正直、なかなか効果が現れません。

継続は力なり…と思う反面、1日でも早くシミを取りたかった私は、他にもネットの口コミが高評価なものなどを頼りにいくつか試してみました。

一言でシミ取りクリームと言っても、ピンからキリまで色々なものがありました。

ビタミンC誘導体が多々入っているもの、L-システインが多々入っているもの、ハイドロキノンが多々入っているもの…。

大切なのは、自分のシミの状態がどんなものかを把握して、それに合ったクリームを選ぶことでした。

ものによっては、肌への刺激が大きいものもありますし、人それぞれ感じ方も効果も変わります。

実際、有名な高評価だったものも、肌への刺激でかぶれてしまい返品したこともあります。

やはり試していくしかないのか…と思いましたが、口コミはある程度傾向が分かるので、そこから選んでいきました。

色々試して続けた今、確かにシミは薄くなりましたが、これだけでは不十分かな?という印象もあります。

しっかりケアしたいようでしたら、併用してビタミン剤・サプリを使ったり、日々のスキンケアを怠らず、紫外線対策をし、日頃の生活を規則正しくするなど、様々な工夫・努力が必要なのだと思います。

…結局シミケアの近道はそこなのですねσ(^_^;)おすすめサイト⇒シズカゲルの良い口コミと悪い口コミ

老人性色素斑を発見したら早めにクリームを

肌に生じるシミは化粧品のシミ取りクリームを利用して、薄くしていくことのできるシミと、できないシミがあるので確認が必要です。最も多くの人が悩みやすいのは老人性色素斑ですが、このタイプはコスメのクリームを使い薄くしていくことができます。

なぜ年齢を重ねるごとに老人性色素斑ができやすいかの理由は、肌老化も関わりますがそればかりが理由ではありません。高齢になってから肌に現れてきそうですが、まだ若い30代でも出てくることがあります。

肌にできてしまった老人性色素斑はそのまま放置をすることなく、早目のシミ取りクリームでの対処が必要です。おすすめはシミトリー。何もお手入れをしないままで放置をしてしまうと、いつの間にかシミの面積が広がりますので、シミトリーでのお手入れは早いにこしたことはありません。

女性は毎日鏡を見てお肌の状態をチェックしますので、小さなシミを発見したらそのままにはしないで、早急に必要なお手入れを開始することです。顔の肌にも生じやすいですが、ほかにも手の甲にできることもありますし、腕にもできることはあります。

なぜ若いうちからできるかですが、太陽からの紫外線が大きな影響を与えているからです。シミにはクリームでのお手入れをしながら、日常的な強い紫外線からは肌を守る、UVカットのケアをすることも心がけるようにします。

 

 

格安スマホの普及が思ったより少ない

無駄な出費を減らして節約するというのは堅実な家計に大切なことですが、その節約ターゲットの一つにスマートフォンなどの通信費の節約というのもよく話題になると思います。

格安スマホにすると8千円ぐらいの利用料が2千円以下になるという場合が多いのですが一人でも数万円、家族分全員だと年間、数十万円の節約にできるということでこれは実行しない手はないはずです。

しかし、格安スマホがテレビコマーシャルでし出してからも数年経ちますがそこまで普及していないというところが気になります。

私自身も格安スマホに数カ月前にしたのですが、それまでなかなか思い切って切り替えができずにやっとできたという感じでした。

やはり、仕組みが分かりにくくとても面倒に感じるというのが大きなハードルになっていると思います。シムって何というところから勉強しないといけないのであきらめている人も多いのではないかと思います。

それでも実際に格安シムのスマートフォンにして私はよかったと思います。無駄に高い料金を払い続けているよりかは何もしなくても節約できますし、使用に関しても全く問題ありません。

メールも電話もサイト閲覧も何も問題なく快適で安いのでもっと普及すればいいのにと私は思います。

食事で健康的にやせる方法

最近おなか周りにお肉がついてきたなと思って、筋トレ始めたものの長続きしませんね。やっぱり食事を見直して体を締まった状態にしたいですね。

栄養科学の博士のオーガストさんによると毎食サラダを食べるのがおすすめらしいです。生の野菜は体をクレンジングしたりpHバランスを整えるそう。

サラダの具材は緑色をした葉っぱものをたくさん取ると良いとか。

ポテトなどはおすすめしないそうですね。

ダイエットに必要なのは良質なタンパク質、できればあまり火を通していないローフードがいいとか。

魚であれば、カツオのタタキや刺し身。加熱していない食物は消化が良いそうです。朝食には卵がおすすめだそうです。コレステロールが気になる人もいますが、卵はコレステロールには影響しないのだとか。

しかも、完全栄養食品で肌や爪などを作るコラーゲンを含んでいるのでなおさら良いのだそうです。

あとは良質な油が大事で、溜め込んだ脂肪を燃焼させるエンジンオイルになるそうです。良質な油は栄養素を取り込んだり、老廃物を体から出したり、ウィルスから守ったり、文字通り潤滑油になるとのこと。サラダには大さじ2杯分のエクストラヴァージンオリーブオイルをかけるぐらいが良いそうです。

最後に、糖質は控える方が良いそうですが、主食のごはんなど以外をあわせて、にぎりこぶし一個分が許容範囲内だそうです…イメージしにくいですね。

ナッツなどのおやつを間食にして、空腹状態をつくらないようにするのが食べすぎないコツです。

早速できることから試してみましょう。