格安スマホの普及が思ったより少ない

無駄な出費を減らして節約するというのは堅実な家計に大切なことですが、その節約ターゲットの一つにスマートフォンなどの通信費の節約というのもよく話題になると思います。

格安スマホにすると8千円ぐらいの利用料が2千円以下になるという場合が多いのですが一人でも数万円、家族分全員だと年間、数十万円の節約にできるということでこれは実行しない手はないはずです。

しかし、格安スマホがテレビコマーシャルでし出してからも数年経ちますがそこまで普及していないというところが気になります。

私自身も格安スマホに数カ月前にしたのですが、それまでなかなか思い切って切り替えができずにやっとできたという感じでした。

やはり、仕組みが分かりにくくとても面倒に感じるというのが大きなハードルになっていると思います。シムって何というところから勉強しないといけないのであきらめている人も多いのではないかと思います。

それでも実際に格安シムのスマートフォンにして私はよかったと思います。無駄に高い料金を払い続けているよりかは何もしなくても節約できますし、使用に関しても全く問題ありません。

メールも電話もサイト閲覧も何も問題なく快適で安いのでもっと普及すればいいのにと私は思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です