アラフォーで乾燥肌になった私のスキンケア方法

【10代、20代の頃は、肌トラブルとは無縁!】

若いころは「もっと目鼻立ちがはっきりしていたらいいのにな」と思うことはありましたが、「もっときれいな肌になりたいな」と思ったことはありませんでした。幸いなことに、10代、20代の頃には肌トラブルはほとんどなく、友だちからも「肌がきれいでいいね~」とうらやましがられていました。

【アラフォーを迎えて変わってきた肌質】

そんな私が肌質で悩み始めたのは30代半ばころからです。

冬の乾燥の季節、子どもと一緒に外遊びを楽しんでから帰宅すると、頬や口元の皮膚がつっぱっているように感じることがありました。初めは気にしていなかったのですが、ふと鏡を見ていると、目じりや口元に細かい小じわができています。

取りあえず大急ぎで化粧水・乳液をつけて、その場はなんとか肌の乾燥も落ち着きましたが、その後、肌の乾燥や小じわが気になることが増えてきました。

【乾燥肌には敏感肌用のスキンケア用品でケア】

肌が乾燥しやすくなって肌バリア機能が弱くなったのか、それまでの値段の安い化粧水や乳液では肌がピリピリすることが増えてきました。値段の高いエイジングケア用の化粧品も試してみましたが、もったいない気がして少量ずつしか使わず、肌の乾燥はなかなか改善されませんでした。

そんな時に見つけたのが敏感肌用のスキンケア用品です。特にセラミドを作り出す水分保持能で医薬部外品として認められた米肌はおすすめ。ライスパワーNo.11を配合してお肌の保湿をしっかりしてくれます。肌につけても刺激を感じず、値段もお手頃なので、量も気にせず使えます。

年齢とともに小じわは確実に増えてきてはいますが、化粧水や乳液による肌トラブルはなくなり、肌の乾燥も落ち着いてきたように思います。食事や運動などを見直し、身体の中からキレイな肌を目指すことは必要だと思いますが、肌の外からのケアとしては、これからも敏感肌用のスキンケア用品を頼っていきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です